どうも、ゆるすけです^^

前回から始まった、
「スティーブジョブズのプレゼンから学ぶ、コピーライティング講座」。

彼は、マック、iPod、iPhoneといった製品を生み出すなど、
革命的な創造者でしたが、同時にプレゼンのプロでもありました。

 

プレゼンとコピーライティングというと、
一見つながりが内容に感じますが、実際のところは全くそうではありません。

プレゼンであれ文章であれ、結局のところ、
目的は、人を説得して自分の考えを受け入れてもらうこと。

広くいえば、「教育」のためにそれらは行われます。
根本の原理は、どちらも一緒なのです。

 

ですから、セールスレターやメルマガを読んで学ぶだけが、
コピーライティングの勉強ではないのです。

 

というわけで、前回のメルマガでは、
「スティーブジョブズのプレゼンの、一体何が魅力的なのか?」
について、%%name%%にも考えてもらいました。

 

まだ見てないよって方は、こちらをご覧ください。

 

 

 

このジョブズシリーズは、これから5回くらい続きますので、
感想や意見をまだまだお待ちしています。

些細なことでもいいので、ぜひ返信して見てください。
参考になるなって思った感想については、積極的にシェアしていきます!

 

 

さて。

前回感想を送ってくださった方は、ありがとうございました。

なんというか、返信のレベルが予想以上に高い笑

中には、10回以上見て研究してくれた方もいて、
私としてもかなり嬉しくなってしまいました^^

 

という訳で、早速本題に入って行きましょう。

iPhoneを始めて紹介したときのプレゼンにおいて、
特筆したい点は幾つかあるのですが、
池田さんは、このような事を送ってくれました。

 

 

「(ジョブズが、)一言発言するとその次に何を言うのか
わくわくする感じがありました。」

 

この感覚、素晴らしいです。
というか、まず最初に指摘して欲しい回答の一つでした笑

池田さん、ありがとうございます^^

実際、ジョブズはほぼ間違いなく、
池田さんのような感想を持ってもらうために、
プレゼンを組み立てています。

 

 

例えば、プレゼンの冒頭。
ジョブズはこんな言葉からプレゼンをスタートさせます。

 

 

「私は、この時を2年半待ちわびました。」

 

 

このプレゼンでは、最終的には、
iPhoneという、全く新しいスマートフォンを紹介することになりますが、
その前置きとして、そのような言葉からプレゼンを始めたのです。

 

理由は、明白です。

 

「プレゼンを見ている人の注意を、最大限に惹きつけ、
プレゼンの内容に集中させるため」です。

 

どんなに良いプレゼンをしたところで、
それを聞いている人がいなければ、全く意味がありません。

特に冒頭部分は重要なので、ここで失敗してしまうと、
聞き手が携帯電話をいじり始めてしまったり、
プレゼンを流し聞くようになってしまいます。

ですから、第一声の「掴み」の部分は、
試行錯誤を繰り返し、最新の注意を払っているのです。

 

 

そして、その冒頭の一言によって、

「あのジョブズが2年半も待っていたって、一体なんなんだ!?」
「きっと、素晴らしいモノを発表してくれるに違いない!」

と、聞き手に思わせることが出来ます。

 

すると、聞き手の集中力は大きく高められ、
ジョブズの一言一言を逃すまいという気持ちになる訳です。

 

池田さんは、
「(ジョブズが、)一言発言するとその次に何を言うのか
わくわくする感じがありました。」と書いて下さいましたが、

もしジョブズがこれを知ったとしたら、
「作戦通りだぜ」とにんまりしてしまうでしょうね笑

 

 

これは、文章の世界でも、全く一緒です。

 

スピーチでいう掴みの一言に当たるのが記事のタイトルになる訳ですが、

「タイトルを考えるために8割の時間を使ってもいい」

と言われるくらい、非常に重要です。

 

タイトルによって、読み手の注意を惹きつけられるかどうか決まるのであり、
2文目3文目を読ませることが出来るかどうかは、
全てタイトルにかかっているのです。

 

特に、現代は情報過多の時代ですよね。

 

インターネットの情報量は、数年で倍増しています。
人が一日に見る広告の数も、1万とも2万とも言われています。

 

人が1日の間に接する情報の量は、
明らかに人間のキャパを超えている訳です。

 

ですから、読者は、出来ることならば
文章を読む時間や考える時間を節約したいと考えているし、

仮に文章を読んだとしても、
「内容を記憶せよ」なんていう命令は、脳の海馬からはまず出ないのです。

 

だからこそ、タイトルによって注意を惹きつけるというのは、
非常に重要な事なのです。

 

 

ちなみにということで、
手前味噌ですが、ブログの記事タイトルをいくつか紹介しておきます。

 

・パズドラ流行の裏に隠された、戦略的な心理トリックとは?

・ファンが雪だるま式に増加する !?|トレードオフ戦略でリピーターを3倍に !!

・自分に激甘なあなたでも、目標達成率を3倍向上させる方法

・違いを生み出す為の、たった1つの鍵|差別化とウェーバー・フィヒナーの法則

・PAD理論を利用した、ソフトバンクの巧妙な販売戦略とは??

・流行の淹れたてコーヒーは大赤字 !?それでも企業が参入する理由とは?

・外的 SEOなんて不要!? |コンテンツの伴ったサイトは、当然数字が取れる

・【必見】希少性を使ってコンバージョン率を3倍アップさせる方法

・ファンを量産する記事の書き方とマインドを、7ステップで解説中!

 

 

どうですか??

記事を読んでみたいと思っていただけたでしょうか汗??

 

当然、記事の中身(プレゼンの中身)も重要な訳ですが、
その記事を開いてもらえなければ全く意味がないので、
タイトルには相当気を使っている訳です。

 

まあ、タイトルに関しては、まだまだ書きたいことがありますが、
長くなりそうなのでこの辺にしておきますね。

それでは、また明日!!

 

 

PS

そして、あなたが感じたジョブズの魅力や動画を見て気づいた事を、
まだまだ募集しています。

当然、正解なんていうものはありませんから、
返信の内容だって当然自由です。

思ったことを、そのまま送ってみてください。

もちろん、今日のメルマガの感想でも結構です。
待っていまーす^^

 

PS2

参考になった返信は、
メルマガ内でどんどんシェアしていこうと思っています^^

どんどんご返信くださいねー!!

 

―――――――――――――――――――――――――――――
フェイスブックページ作りました!!

最近、フェイスブックページを作りました。

メールよりも、フェイスブックの方を頻繁にチェックするという方は、
ぜひ「いいね!」ボタンをクリックしてもらえると、嬉しいです。

コメントとかくれたら、もちろん返事しますよー^^

https://www.facebook.com/yrsk721