Image

今回は、サイト作成ツールSIRIUSの中から、スマホサイト作成に欠かせない機能を5つ厳選してお伝えしたいとも思います。

スマホからのアクセスが、全体の80%近くを占めることも少なくありませんので、ぜひ今回紹介する機能を使いこなして、スマホ対応を徹底させてくださいね。

1.スマホサイト同時作成

Fotolia_70326534_XS

SIRIUSでは、スマホ向けサイトをPC向けサイトと同時作成することが出来ます。正確には、SIRIUSの上位版限定の機能なのですが、私はこの機能を使う為だけに上位版を利用しています。

これを使わずしては、SIRIUSの良さを半分も引き出せないのではないか、というほどに重要な機能です。

スマホ向けサイトは、当然縦スクロール仕様となっていますし、画面を拡大して文字を見たりする必要性は全く、快適にサイトを確認することが出来ます。

SIRIUSで作成したサンプルサイトのURLを載せておきますので、ぜひスマホからチェックして見て下さい。

http://www.xn--4gr220a2sk54opkq.com/

WS000247

設定方法も極めてシンプルで、「サイトオプション」→「iphoneサイト設定」→「iphoneサイトを同時作成する」とするだけです。10秒もかからずに、PC向けサイトとスマホ向けサイトを同時作成することが出来ます!!

ネット業界の潮流がスマホに大きくシフトしている事を考えると、この機能がいかに重要かつ便利な機能であるかが身に沁みますね。

2.フリースペースの個別設定

WS000153

フリースペースというのは、記事本文の上下に任意の文章を表示させることが出来る機能のことです。上の写真で言えば、参考書の紹介画面を全てのページに自動で表示させています。

一般的にはアドセンス、アフィリエイトリンクの他に、ソーシャルボタンやメルマガの募集フォームなどを表示させるケースが多いですね。

フリースペースを設定することによって、個別記事それぞれに対してアドセンス広告を設定したりする必要がなくなりますので、非常に便利な機能と言えますね。ちなみに、特定の記事にだけ挿入することが出来るので、広告を表示させたくない場合には、そのページだけを表示対象から外すこともできるので、ありがたいですね。

このフリースペースという機能については、PCサイト用とスマホサイト用で異なる設定をすることが可能になっています。スマホ用にフリースペースを設定する方法も非常に簡単で、「サイトオプション」から「iphoneサイト設定」をクリックし、表示させたい内容をフリースペース内に書き込むだけです。

WS000330

フリースペースは最大で4つまで編集することが出来ますので、好きな所にアドセンス広告やアフィリエイト広告を挿入してみて下さい。

スマホの場合、画面の横のサイズは約300~350pxくらいですので、アドセンス広告を掲載するならば、レクタングル大(336px×280px)やレクタングル中(300px×250px)がおすすめですね。広告幅とスマホ画面の横幅がちょうどマッチしていて、クリック率も結構高い傾向があります。

 

3.画像サイズ最適化

Fotolia_71186353_XS

当然ですが、スマホの画面サイズと、PCの画面サイズは異なっています。

ですので、それぞれの仕様に合わせて、画像のサイズを最適化させる必要があるのですが、SIRIUSではその設定も簡単に行うことが出来ます。

下の写真のように、「サイトオプション」⇒「iphoneサイト設定」⇒「詳細設定」と進んでいき、「記事中の画像」を「縮小変換して表示」または「縮小変換して表示(中央揃え)」にするだけです。

WS000333

この設定を行うだけで、PC向けの使用になっている画像サイズを自動でスマホサイズ用に縮小表示してくれるのです。

WS000340

PCだと上の写真のように表示されますが、スマホでチェックしてみると、

WS000339

このように、画面サイズに合わせて縮小されています。

これによって、横スクロールしたりする事がなくなりますので、スマホからのサイト閲覧が更に快適になるのです!

4.スマホプレビュー

Fotolia_70326576_XS

スマホプレビューというのは、「スマホからサイトを見ると、どのように表示されるのか?」をPCからでも確認出来る機能の事です。

これまでの仕様では、サイトを更新した後は、わざわざ手持ちのスマホでサイトの見え方をチェックする必要性がありましたが、PCだけでそれを完結させることが出来るようになったのです。

実際、使って見れば分かるのですが、めちゃくちゃ便利な機能なんですよね。

スマホからのアクセスは、今やPCからのアクセス数を圧倒的に凌駕しているので、スマホでどう表示されるかをチェックすることが必須なんですが、これに費やす時間が3分の1以下になりました。また、スマホとPCを行ったり来たりする必要がないので、サイト作成のストレスが大きく軽減されました。

ちなみに、この機能の使用方法も、極めて簡単です。プレビュー画面を右クリックし、スマホを選択するだけで終わりです。設定に5秒もかかりません。

WS000314

プレビューボタンを「右クリック」して「iphoneサイトのプレビュー」をクリックするだけ。

WS000315

すると上の写真のように、スマホサイズのプレビュー画面が現れます。端末によってディスプレイのサイズは異なる訳ですが、実際にスマホでサイトをチェックした時とほぼ同じように表示されます。

この機能によって、スマホサイト作成の効率が圧倒的に向上しますね!!

5.文章改行最適化

これは、PCとスマホの画面サイズの違いに起因する問題なのですが、PCサイトにとって最適な1行の文字数とスマホのそれは全く異なっています

WS000336

PCで文章を読む場合、基本的には20~30文字程度が最も読みやすいとされており、社会常識的にもメールの文章はそのくらいの文字数で改行されることが推奨されていますよね。

しかし、スマホを使って記事を読んでみると、非常に読みにくくなってしまいます(下の写真参照)。PC向けに文章の改行を行えばスマホで見づらくなり、一方で改行を行わないとPCで文章が読みにくいというジレンマの関係にあったのです。

WS000338

(不自然な改行ですね汗)

ちなみに、この現象については、メルマガを発行する場合などでも悩まされる問題なので、かなり昔から問題視されてきましたが、なかなか解決されてはいませんでした。

しかし、SIRIUSにおいては、見事この問題を解消することに成功しました(最近のアップデートで追加された新機能です)!!

WS000341

いかがでしょうか??

PC向けには改行表示されている文章であっても、スマホで閲覧してみても文章が切れていない事が分かります。もちろん、スマホ向けとPC向けに、それぞれ違う文章を設定している訳ではなく、SIRIUSの機能を利用することによって、実現することが出来るのです。

そのスマホ対応の改行設定の方法も、非常に簡単です。

下の写真のように、「サイトオプション」⇒「iphoneサイト設定」⇒「基本設定」と進んでいき、「改行の最適化」を選択するだけです。

これだけです。これだけで、PC向けにもスマホ向けにも、どちらにとっても読みやすくなるような文章を表示させることが出来るようになるのです。

まとめ

Fotolia_61383789_XS

物販アフィリエイトやアドセンスアフィリエイトで収益を上げていくに当たって、スマホ対応は必須です。当然、スマホサイトを作成する際のストレスは、少なければ少ない程ベターなわけですが、SIRIUSにはスマホサイト作成に特化した機能がこれでもかという程に充実しています

これを使わない手はまずないと思いますので、アドセンスで稼いでいきたいのであれば、これらの機能を是非使いこなしてくださいね。