Fotolia_72216794_XS

サイト作成ツールSIRIUSには、様々なSEO対策機能が搭載されており、購入を検討されている方にとっては、そのSEO効果が非常に気になるところだと思います。

そこで今回は、シリウス利用歴3年になったサイト主が、そのSEO対策機能の有効性について、見解を述べていきたいと思います。

シリウスに付随しているseo対策と機能

Internet data processing

サイト作成ツール「SIRIUS」に搭載されているSEO対策機能は、主に以下の5つです。

  1. ソーシャルブックマーク自動登録機能(SBM自動登録機能)
  2. 中小検索エンジン自動登録機能
  3. トラックバック送信機能
  4. Ping送信機能
  5. 被リンク自動獲得機能

これらの機能を簡単に説明すると、「自動で被リンクを獲得する」という機能です。細かな手法はともかくとして、サイトのURLをいかに効率的に、いかに多くの場所へ露出させることが出来るか、という観点から開発された機能と言っていいでしょう。

ちなみに、5についてだけ少し補足説明を加えます。どんな被リンクを獲得するのかと言う話になると思いますが、これは「他のシリウスユーザーのサイト」です。

シリウスで作成された10~15サイトをランダムでチョイスし、それらのサイトから被リンクを得たり、逆に初リンクを送ったりするという機能です。

WS000344

(イメージは、こんな感じです。公式サイトから引用。)

クロスリンクをすることになるサイトは登録制になっていて、開発元のACESさんが認めたサイトしか利用することが出来ないので、ペラサイトやコンテンツの質が低いサイトとの相互リンクはある程度排除されています。

さて。これらが、SIRIUSが持っているSEO対策機能の概要です。果たして、これらの機能は2015年でも十分に利用できる機能なのでしょうか?

果たしてそのSEO効果とは・・・

Funny guy having troubles with his phone

では、SIRIUSに搭載されているSEO対策機能の効果について、結論から述べていきますね。結論としては、「全く効果なし」です。

残念ながら、こういったseo向上の為の機能に関しては、全く効果がないと言わざるを得ません。むしろ、スパムとして判定され検索圏外に飛ばされてしまう可能性がありますので、使わないことをお勧めします。

シリウスが発売されたのは2010年頃だったと思いますが、確かに発売当時は十分seo効果があったように思いますし、私自身も積極的に使っていました。

この頃はsbmやPing以外にも、無料ブログからの被リンク効果が非常に高く、ペラサイト100サイトからリンクを行っている人などが、たくさんいました。当時は、その程度のSEO対策でも上位表示効果があった訳で、今から考えるとかなりおおらかな時代だったと言えますね笑

しかし、その後時代は変わります。ご存じのように、検索エンジンのスパム対策技術が急速に発達して、ペンギンアップデートやパンダアップデートといった自演被リンク対策が何度も行われ、それらのSEO効果は急速に失われていきました。

まあ、Googleというのは世界一のIT集団ですから、自演リンクを見抜く技術なんて、あっという間に開発出来るわけなんですよね。MITとかハーバードとかを卒業した連中が、「本業」で検索アルゴリズムを開発しているわけですから、彼らの裏をかいて騙してやろうなんて、間違っても考えてはいけないのです。

よく考えてみれば、当然の事ですよね。結局、年月を重ねるにつれて、siriusのseo対策機能は逆効果になってしまったのでした。

Fotolia_55259497_XS

ちなみに、一見すると素晴らしい機能に思える「被リンク自動獲得機能」もその例外ではありません。SIRIUSで作成したサイトというのは、当然ですが同一のテンプレートを利用している訳ですので、それらが相互リンクしているという状況は、とても自然な状況ではありません。すぐに、グーグルにばれてしまうでしょう

また、ランダムとは言っても、結局全てのSIRIUSサイトがつながった「巨大なリンクファーム」とグーグルにみなされてしまう可能性があり、今現在この機能を利用することは得策とは言えないのです。

SIRIUSの魅力は、SEO機能とは別のところにある

Business man with pc monitor on his head and error messages on the display

ここまで、SIRIUSのseo機能について、かなり批判的に書いてきましたが、SIRIUSで作成するサイトのseo力が低いという話をしているわけではありません。あくまでも、上に掲げた自演SEO対策機能がダメだと言っているに過ぎず、siriusで作成したサイトが上位表示されにくい、と言っているのではありません。この点は、誤解のないようにお願いします。

サイト主は、SIRIUSとWordPressをそれぞれ2年以上は利用していますが、SIRIUSで作るサイトのSEO力が、ワードプレスのSEO力と比較して見劣りしていると感じたことはありません。

むしろ、サイト規模が50記事以下のケースでは、SIRIUSで作成したサイトの方がずっと優秀です。サイトの軽さや表示スピードにおいてはSIRIUSに圧倒的に分があり、ワードプレスを遥かに凌駕しています。

実際、Webマスターツールなどで測定すれば分かりますが、SIRIUSで作成したサイトの表示速度は、WordPressで作成したサイトの2倍〜3倍速く表示される事も少なくないのです。

つまりSIRIUSに関しては、SEO対策機能がどうかという点ではなく、サイト作成がいかに容易であるかということや、サイト訪問者に対するユーザビリティやデザイン性がいかに優れているかということで、評価されるべきなのです。

これについては、当サイトでも様々な観点からSIRIUSの良さを紹介していますので、ぜひそちらの記事をご覧下さい。

<参考記事>
・サイト作成ツール「SIRIUS」を購入したら、絶対に使ってみたい超便利機能5選
・あまり知られていないSIRIUSのプレビュー機能が便利すぎる!!スマホ対応と最前面配置

繰り返しますが、今回の記事は、あくまでもSEO対策機能に関するレビューだということをお間違えないようにお願いします。

ちなみに余談ですが・・・

Lady holding tablet with modern software operational system

ちなみに、SBM機能などは、使いこなすことが出来ればseo対策として今でも一定の効果はあると思います。しかし、個人レベルでネットビジネスをしている私たちに扱える代物ではなく、得られるメリットに対して圏外に飛ばされるリスクが高すぎます。

ですから、サイトのコンテンツ力を高める事に注力し、自然とシェアしてもらえることを目指す方が賢明です。