GungHo_logo.gif

こんにちは、ゆるすけです。

今更ながら、
あの大人気ゲームをダウンロードしてみました。

それがこちら。

 

Evernote Camera Roll 20131110 115303

 

ご存じパズル&ドラゴンズ、通称「パズドラ」です。

既に国内だけで2000万ダウンロードされており、
単純計算で6人に1人がプレイしている、ということになります。

 

凄まじい普及率ですね汗

 

今、日本で一番熱いゲームと言っても、過言ではないでしょう。

6人に1人ハマっているゲームなんて、聞いたことがありません。
それくらいの人気っぷりです。

 

電車に乗ったら、隣の人が携帯電話で何をしているか、
こっそりと画面をのぞいてみて下さい。

 

ほぼ間違いなく、パズドラかラインをいじっていますから笑

 

で、このパズドラなんですが、
私はこれまで、全くプレイしたことがありませんでした。

所詮ゲームだろう、くらいに思っていました。

 

でも、1ゲームとしては、あまりにもヒットしすぎています。

2000万ダウンロードって、意味が分かりません笑

ここまでの大ヒットの陰には、
人々を熱狂させる何かがあるに違いない、と思いました。

流行の裏では、ほぼ100%、
戦略的な仕掛けが張り巡らされていますからね笑

 

そこで、パズドラの人気の秘密を探るべく、
自らプレイしてみることにしたのでした。

 

すると、案の定という感じですが、
やはり、ゲーム内は心理的な仕掛けのオンパレード。

(まぁ、気付きている人がどれだけいるのかは、知りませんが・・・)

 

私自身、パズドラをプレイしてみたわけですが、
「そりゃあ、ハマるよな」と思わず思いましたし、
引きずり込まれそうになりました笑

 

まぁ、そもそもネトゲ廃人だったことを考えると、
程良いところで調査を切り上げないと、
大変なことになってしまいそうだと、心から思いました笑

それくらい、強力な仕掛けがなされていたのです。

 

パズドラをやったことがある人は、どんな仕掛けがあるのか、
この記事を読み進める前に、少し考えてみて下さい。

 

そして、

・自分自身、どうしてパズドラにハマるようになったのか?
・何がパズドラの魅力なのか?

考えてみて下さい。

 

パズドラをプレイしたことがない人も、
ぜひスマホにダウンロードしてやってみて下さい。

(あ、必ず現実世界に帰ってきてくださいね。お願いしますよ笑)

 

 

 

---------------------------------

とりあえず、私が考える、
パズドラ大ヒットの秘訣をシェアしますね。

とは言っても、所詮私の意見に過ぎませんので、
完全に鵜呑みにはしてはいけませんよ。

そういう前提で聞いてくださいね。

 

私が考えるパズドラの優位性というのは、
たった1点に集約されると思っています。

 

それは、

「やめさせない仕掛け」

です。

 

パズドラに関しては、これが、尋常じゃない程にうまいんです。

もちろんプレイヤーは、ゲームをやめないように、
誘導されているなんて考えもつかないですが、
ゲームを続けさせるために、様々な工夫が凝らされています。

 

特に、初めてプレイした人に、
パズドラを続けされる仕組みは、洗練されています。

 

たとえば、プレイ当初。

この段階では、はっきり言ってルールとか、
どういうゲームなのかが全く分かりません。

パズルを一体どう使って遊ぶの?って感じです。

 

当然、開発者側もそのことはよく分かっています。

 

ですから最初のうちは、

「この赤いパズルを一番左に移動させて下さい」とか、

細かい指示が出るんです。

 

最初は、言われた通りにやるだけです。

プレイヤーは、ルールがまだよく分かっていないので、
とりあえずその指示に従って、パズルを移動させますよね。

しかし、ここで一つ目の戦略が発動されます。

指示通りに動かしただけなのに、
なぜか4連コンボ(威力の強い攻撃)や5連コンボにつながって、
敵を倒すことが出来るのです。

このコンボというのは、
普通であれば、きちんと考えてパズルを移動させないと、
そう簡単には発動するものではありません。

しかし、それがいとも簡単に発動するわけです。

指示に従っていれば、敵を次々に倒して、
どんどんステージが進めむことが出来るのです。

 

また、敵を倒したことによる経験値によって、
手持ちのモンスターのレベルが上がっていきます。

この辺は、ドラクエとかポケモンと一緒の仕組みです。

 

ただ、パズドラと従来のRPGには、一つ大きな違いがあります。

それが、初期段階でのレベルの上がり方です。

普通だと、仮に初期段階であったとしても、
敵を5体とか10体倒してレベルが上がります。

しかし、パズドラの場合には、
1ステージクリアしただけで2~3レベルも上がります。

従来のRPGに比べて、やたらにハイスピードで
モンスターが成長していくのです。
(もちろん、プレイ開始当初だけですが・・・)

 

また、プレイ開始直後に仕掛けられた戦略は、
これだけではありません。

本来なら課金の有料システムで買うか、
何千匹を敵を倒さないと出てこないアイテムとかも、
なぜかポンポン入手できます。

開発者側が、アイテムの出現確率を操作して、
レアアイテムの出現率をアップさせているんですよね。

 

このように、

ゲームを開始した当初には、プレイヤーに対して、
パズドラの楽しい部分を全て見せてしまうのです。

魅力的な部分を見せて、プレイヤーを虜にして、
パズドラをプレイする習慣を作ってもらうのです。

 

「なんだか、まだルールがよく分からないけど、
どんどんステージが進むし、楽しい。」

と、プレイヤーに思ってもらえるように、
様々な工夫を凝らしているのです。

 

また、「一回当たりのプレイ時間の短さ」も、
パズドラの大きな特徴と言えます。

パズドラは、次々に「ダンジョン」を
攻略していくようなストーリーですが、

ダンジョンを一つクリアするのにかかる時間は、
せいぜい5分程度に設定されています。

(もちろん、敵に倒されてクリアできないこともありますが・・・)

 

1プレイ、わずか5分。

 

ということは、電車の待ち時間や
ちょっとした休憩時間にプレイしても、1プレイは十分に完結します。

ふとした時に、プレイしやすいのです。

フェイスブックやラインをチェックする感覚で、
気軽にプレイすることができるため、
パズドラが、習慣化しやすいようになっているのです。

 

このように、パズドラにおいては、ゲームをやめさせない仕掛けが、
非常に多く張り巡らされているのです。

パズドラ、恐るべしですね。

 

 

 

ほとんどの場合、何かが流行する背景には、必ず理由があります。

 

口コミを巻き起こして、偶然流行するケースもありますが、
「意図的に起こされた流行」である場合が殆どです。

日常の中にも、心理的なトリックを上手く使い、
商品・サービスを普及させている例は、山ほどあります。

 

特に、企業というのは、

人に自社商品・サービスを利用してもらい、
そこから対価を得ることを目的として、活動している組織です。

つまり、四六時中、
消費者にモノを購入してもらう仕組みを考えています。

それが、彼らの一番の仕事ですからね笑

パズドラに関しても、
人間の心理的な傾向を、応用している一つの例に過ぎません。

(ただ、その使い方は飛び抜けてうまい訳ですが・・・)

心理学を応用している例は、
いくらでも、現実の世界に存在しています。

ですから、日常的に「戦略を読む訓練」を積むということは、
ネットビジネスにも非常に役に立ちます。

 

私の場合には、

・このキャンペーンのポイントはどこか?
・このゲームは、なぜ流行しているのか?
・口コミを呼ぶ商品の共通点は何か?

こんな視点を常に持ちながら、日々生活しています。

 

そして、

「自分のネットビジネスにはどう活かしていくか?」

という、仕掛ける側の視点を常に意識しています。

 

もしあなたも、手軽に心理学を学びたいと思うのであれば、
ぜひ、町で読む習慣をつけてみて下さいね。

きっと、見える世界が変わってきますよ(本当です。)