tenbinファンを増やすためには、同時に圧倒的に嫌われる必要があります。

それによって、一部の読者があなたの価値観に共感し、ファンになってくれ、サイトのリピーターになってくれるのです。

 

こんにちは、ゆるすけです。

先日、心理学とか影響力の武器に関連した、
新しいサイトを作っていることをお話ししました。

新サイトの作成過程を完全公開!!

その記事の中で、サイトを作成するに当たって、

ターゲッティング、
リサーチ、
コンセプト作成、
フロントエンド・バックエンド、
キーワード選定、
差別化戦略、
トレードオフの策定、
コンテンツ内容の決定

をしていると書いたんですよね。

 

すると、、、

記事を書く度にコメントを下さるメガネさんから、

「サイト作成の工程にあるフロントエンド・バックエンド、
トレードオフの策定について、勉強不足な僕に詳細を教えて欲しいです」

という質問を頂きました。

 

質問をくれるって本当にありがたいですね。

自分が長い時間をかけて書いている文章を、
読者の方がきちんと読んでくれているのが感じられて、
本当に嬉しい限りです。

 

ただですね、困りました汗

えーとですね、本当は、
そこは完全に企業秘密なところなんですよ。

 

フロントエンド・バックエンドや、
トレードオフの一般的な解説なら出来るのですが、

それをサイトにどう生かしてるかとかは、
あまり言いたくはないんです。

特にフロントエンド・バックエンドのところは、
稼いでいるアフィリエイターにとってもそうで、
一番知られたくないところの一つだと思います。

言ってみれば、「収益の上げ方の核となる部分」なので、
そこがバレると不都合が多いんですよね。

 

でもですね、、、

「よし、もっといい記事を書こう!!」

というやる気を、メガネさんのコメントから

いつももらっているんですよね。

 

記事を書く度に毎回コメントをいただけるので、
本当にモチベーションを上げてもらっているんです。

 

 

ですので、今回は特別に、
サイトの戦略というものを暴露していこうと思います。

 

ただ、フロントエンド・バックエンドの話と、
トレードオフの話は同時には出来ません。

記事が長くなりすぎますし、伝えるべきことが多くなりすぎます。

 

ですので、今回はトレードオフに関してのみ記事にし、
次の記事でフロント・バックの話をしようと思います。

 

めがねさん、しばしお待ちくださいね。

(長い記事を書くのは疲れるとか、そういう理由ではないんですよ笑)

 

----------------------

さて。

話は少し飛びますが、サイトを作成する上で、
考えなければいけないことって、いっぱいありますよね。

サイトタイトル、ドメイン名、SEO・・・

考えるべきことは、無数にあります。

 

では、もっと深いレベルで、サイト作成の戦略を考えてみましょう。

長期的に収益を上げるサイトを作るためには、
どういうことを考えておく必要があるでしょうか?

その長期的に稼ぎ続けるサイトの条件って、なんでしょうか?

ちょっと、考えてみて下さい。(考えることが大事です。)

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

いかがでしょうか??

まぁ、いろいろ考えるべきことはあるんですけど、

・どうしたら、ターゲットの心に刺さるコンテンツが作れるか?
・どうすれば、競合にパクられないサイトを作れるか?

といった課題が挙げられます。

 

長期的に重要なのは、当然SEOとかではなくて、
いかにターゲットを満足させられるか、という点に尽きますよね。

 

やっぱり、良いコンテンツがないと、
息の長いサイトになるはずがないです。

 

また、良いコンテンツを作っても、
すぐに競合に真似されてしまっては、
せっかくの優位性が失われてしまいます。

ですから、真似をさせないというのは、
サイトを作るうえで重要な観点なのです。

 

そしてですね、

こういった課題を一気に解決する方法があるんですよ。

はい。お察しの通り、それこそが「トレードオフ」なのです。

ターゲットの満足度を上げ、真似されないようにしてくれるのです。

 

 

トレードオフとは、日本語に訳すと二律背反です。
つまり、二つの事象が同時には成立しない状態を指します。

Aを取ればBがダメになり、Bを取ればAがダメになるような戦略です。

 

たとえば、最も単純なトレードオフの例として、性別が挙げられます。

男性をターゲットにすると、女性はサイトには来なくなりますし、
一方で、女性をターゲットにすれば、男性はサイトに来なくなるのです。

 

一方を選んで、他方を切り捨てる。
これが、トレードオフの戦略なのです。

 

他には、「意見をはっきりと言うこと」が当てはまります。

「Aというやり方ではダメです。」と言えば、
Aという方法をとっていた人にとっては、当然居心地が悪くなります。

一方で、Aが大好きな人にとっては、
「そうそう、その通りだよ!」となるのです。

 

重要なので何度も言いますが、トレードオフによって、
ある一方を取れば、残りの一方は切り捨てられるのです。

 

ここで、

「ん?トレードオフって、デメリットばっかりじゃね??」

と思った方、結構いますよね。あなたのおっしゃる通りです。

 

確かに、トレードオフの選択を行うと、
ターゲットが絞られて、見込み顧客の絶対数が激減します。

 

そうすると、商品を販売するための相手も、
少なくなるように感じられます。

 

しかし、、、

トレードオフによって得られるメリットは、
デメリットを凌駕するほど大きいのです。

 

第一に、残った読者というのは、
あなたのことが(サイトが)かなり好きになっています。

 

価値観の合う人だけが、
残っていくという方が正しいのかもしれません。

たとえば、タレントの有吉さんを考えてみて下さい。

たぶん、彼の事を嫌いな人はいっぱいいます。

「有吉は、人の悪口ばっかりで嫌いだ。」
「あいつは、本当に口も性格も悪い。」

という風に、嫌悪感を持っている人も少なくないはずです。

実際、かなり際どい毒舌が多いですからね。
私も、友達にはなれないなーと思います。

 

でも、

「有吉がばっさり言ってくれると、気持ちいい。」

と感じる人も、少数ですが確実に存在するわけです。

 

実際、ツイッターのフォロワーも余裕で100万人超えし、
日本でトップ3に入っています。

トレードオフの戦略がとてもうまくいった、好例と言えます。

 

そして、あなたの行っているトレードオフが共感できるものであれば、
読者たちは、あなたのサイトに対して居心地がいいと感じるのです。

 

すると、彼らは「ファン」になり、サイトのリピーターになるのです。

 

当サイトにとってのメガネさんのように、
熱心にコメントをくれる人も出てくるかもしれません。

 

そういう読者は、基本的に平均ページビューも多い傾向にありますし、
何かを勧めたら喜んで買ってくれる人たちなのです。

 

つまり、トレードオフを実践していると、
大多数の人に対するぼやけたメッセージではなく、

一部の人を熱狂的に惹きつけるメッセージを
発信することができるようになるのです。

 

更に、また新しい読者を増やす事が出来れば、
一部の人がファンになるというサイクルが繰り返され、
ファンがストックされていくのです。

これが、トレードオフの第一のメリットなのです。

 

 

そして、第二のメリットが「模倣困難性」です。

 

ネットの世界では、その情報が出た瞬間に世界中を駆け巡ります。

ですから、発信した情報は当然模倣されますし、
類似したコピーサイトなども容易に作られてしまいます。

 

しかし、トレードオフ戦略には、
それを未然に防ぐ力が存在しています。

トレードオフを実践しまくると、すごく尖ったサイトになります。

一部の人だけを対象として、
その人たちだけを満足させるような意見を言ったり、
コンテンツを出していくからです。

 

90%の人に嫌われても、10%のファンに愛されればそれでよい。

そんなサイトが出来上がっていきます。

 

そうすると、競合の人はどうするでしょうか??

答えは、「あなたのサイトをマネする気が失せる」のです。

トレードオフをしっかりと実践していると、
あなたのサイトのターゲットは限定され過ぎていて、
新規参入するのに十分な市場ではなくなります。

 

仮に競合があなたのサイトを真似したとしても、
あなたはその狭い市場の中では、圧倒的なリーダーです。

 

ですから、模倣してきた競合よりも、
圧倒的に有利なポジションに立つことができます。

 

そうすると、あなたのサイトを真似をして勝負しようなんて、
夢にも全く思わなくなるのです。

もっと、大きな市場で参入しようとしたりするか、
あなたのサイトを真似したとしても、
不十分な模倣で終わるケースが多いのです。

 

トレードオフによって、
あなたは一部の読者を熱狂的に満足させることができ、

一方で競合にとっては、
全く魅力的でないマーケットを作り出すことに成功するのです。

 

どうですか?

トレードオフ戦略って、素晴らしい戦略じゃないですか??

 

----------------------

さて、話が長くなりました。

 

そのトレードオフを、私の新しいサイトで実践すると、
一体どうなるか?ということですよね。

 

今考えているトレードオフは、以下の通りです。

・ターゲットはあくまでも、非アフィリエイターにする。
⇒アフィリエイターが読まない。

 

・購買心理に関するリテラシーの底上げを目指す。
⇒知的好奇心のない人、勉強したくない人が読まない。

 

・知識・スキルを使う人の、倫理観の重要性を押していく。
⇒人をだまそうという人間を排除する。

 

・記事の内容は結構がっつり系で、文章も長め。
⇒小手先のスキルを追う人、勉強したくない人が読まない。

 

文章にすると、ちょっとぼやけているようですが、
私がイメージするトレードオフは、こんな感じです。

 

このトレードオフによって、

・ガッツリ影響力の武器や購買心理を勉強したい人、
・心理学のリテラシーを高めたい人

といった、やる気のある人たちにとっては、
満足してもらえるコンテンツになるはずです。

 

 

以上、トレードオフ戦略の解説でしたー。

読んで下さった方、長いことお疲れ様でした<(_ _)>

 

PS1.

今回は、メガネさんが、
「●●を教えて下さい。」って言ってくれたので、
記事にするつもりはなかったことまで、吐いてしまいました笑

コメントを下されば、案外どんなことでも、
ぽろっと書いてしまいます。

ですので、もし疑問点や知りたいことなどがあれば、
些細なことでも結構ですので、コメントください<(_ _)>