SEO Search Engine Optimization, Ranking algorithm

今回は、4月21日から適用が開始された、スマホ対応の検索アルゴリズム変更についてです。

果たして、アルゴリズムの変更内容とは?サイトにはどのような修正を加えるべき?それらの質問に全て答えます!

検索順位の決定に、スマホ対応という新要素追加

Funny guy having troubles with his phone

ご存じのように、被リンク、ページ滞在時間、リピート率など、200を超える様々な要素によってサイトの検索順位は決定されていますが、今回はそこに「スマホ対応」という新しい要素が加わりました。モバイルフレンドリーなんて、呼ばれていますね。

「あれ?もっと前から、スマホ対応のアルゴリズム変更って始まっていなかったっけ?」と思われた方もいると思いますが、その通りです。

実は3月には、既にスマホ対応アルゴリズムがスタートしていたんですよね。ただこれまでは、あくまでもテスト導入していただけだったようで、実際に検索順位に影響し始めたのが4月21日という訳なのです。

グーグルが事前に、アルゴリズムの変更内容をリリースするなんて、珍しいですよね。今回のスマホ対応措置が、検索順位に大きな影響を与える事は間違いないと言えるでしょう。

スマホ対応の具体的な内容とは

Fotolia_72956901_XS

尚、スマホ対応とは、具体的には以下の条件を満たすものを指しています。

  • スマホでズームすることなく判読できるフォントサイズか?
  • スマホに一般的ではないソフトウェア(Flashなど)が使用されていないか?
  • タップの際に意図したリンクを触れるよう、隣のリンク要素と十分な距離があるか?
  • 画面を横にスクロールしたりズームする必要がないよう、スマホのサイズに合わせてページが設計されているか?

確かに、上の条件を満たしていないと、スマホでのサイト閲覧は快適ではないですよね。モバイルフレンドリーかどうかの判定条件としては、まあ妥当な感じがします。

尚、スマホ対応しているサイトをスマホからチェックすると、下の写真のように表示されます。

Evernote Camera Roll 20150503 093547

ちなみに、スマホ対応していないサイトであっても、pc向けの検索ランキングには影響しません。検索順位への影響は、あくまでもスマホで検索したときだけとのことです。

どうやら今回のスマホ対応は、ネガティブチェックの様相が強く、対応してなければ順位が下がり、対応していれば現状維持といった感じですね。既にスマホ対応しているサイトにとっては、全く関係がないようです。

モバイルフレンドリーかをチェックする

WS000382

モバイルフレンドリーかどうかをチェックする為には、グーグル発表しているツールに、あなたのサイトのアドレスを入力すればOKです。もし、スマホ対応上で問題があれば、どんな点が問題なのかも含めて、指摘してくれます。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

モバイルフレンドリーと判定されれば、下の写真のように表示されます。

WS000381

逆に、モバイルフレンドリーでないと、下の写真のような警告画面が表示されます。

WS000383

現代は、スマホ対応が必須の時代

Fotolia_61317138_XS

スマホからのアクセスは、既にPCからのアクセス数を凌駕しており、全体の80%以上がスマホ経由でのアクセスということも、決して珍しくありません。実際グーグルの調査によれば、アメリカ人の93%はスマホでの検索を経験たことがあるそうで、今後も増々スマホシフトが進んでいきそうです。

こうした時代背景の中、スマホでの検索順位が下がってしまうとなると、アドセンスサイトであれ物販サイトであれ、大打撃となることは言うまでもありません。

スマホ対応の方法は複数あるかとは思いますが、いずれにしても早急にモバイルフレンドリー対応が必要と言えます。みなさん、急いでください!!

私がおすすめする、スマホ対応方法

Fotolia_82567041_XS

グーグルでは、ワードプレスにおけるレスポンシブ対応などにやる対策を推奨していますが、ワードプレスは操作に慣れるまでにかなりの時間と労力を要するため、初心者にはあまりお勧めしていません

ですので、サイト作成ツールであるシリウス(SIRIUS)によるスマホ対応をお勧めしています。ワードプレスと違って、htmlとかcssとかphpの知識も不要ですし、初心者でも簡単にpcサイトとスマホサイトを同時作成できるので重宝すると思います。

サイトを作りたいし、スマホ対応もしたいけど、プログラミング言語の知識は全くない」という方は、是非使ってみて下さいね。