WS000620何かの意思決定をするとき、口コミや友達の意見など、「自分が考えたもの以外の意見」を判断基準にする事ってありますよね?

では、どうして、他人の意見を信用して、意思決定をするのでしょうか?なぜ自分で考えて、物事を判断しないのでしょうか?

こんにちは、ゆるすけです。

ちょっと、下の4つの例を読んでみてください。

「口コミで詳細されていたから購入した」
「お医者さんが言っていたから、あの薬を飲んでみよう」
「友達が勧めてくれたあの商品を買ってみよう」
「他の人もそうしているから、私もそうしよう」

これらは、一見全く別の事例に感じられますが、ある点で共通しています。

それがなんであるか、分かるでしょうか?
ちょっと、考えて見てください。

 

(シンキングですよ、シンキング。考えることが大事です!)

 

では、ちょっと早いですが、答えの発表です!

それは、「何かを決める基準として、
自分以外のものを判断基準としている」
点です。

口コミ、お医者さん、友達、世間の人など、
「自分ではない何か」を基準としています。

分かりましたか??

 

でもここで、もう一度、よく考えて見てください。

・自分に関わる事なのに、自分以外の人の意見だけを参考にしているって、
不思議ではありませんか?
・一体、なぜ自分自身で決めないのでしょうか?

 

今回の話は、アフィリエイトには直接は関係ありません。

ただ、これをきちんと理解しておくだけで、
人間心理に関する、体系化された知識やスキルを身につけることができます。

また、結果として、
成約率の高いサイトを作成することが出来るようになります。

ですから、少し退屈かもしれませんが、お付き合いくださいね。

 

先ほどの答えから・・・

まず、先ほどの疑問の答えから、回答していきたいと思います。

それは、

「外部の情報を参考にしても、一定水準以上の満足が得られそうだから」

です。

人間は、そのことを人生経験を通して学習し、
無意識のうちに口コミ、お医者さん、友達、世間の人といったものを
頼りにしてしまう
のです。

 

確かに、100人中90人が美味しいって言っているお店があったら、
ある程度の美味しさは期待できそうですよね。

また、免許を持っていて社会的にも認められているお医者さんが、
「この薬はすごく利くんですよ」と勧めてくれた薬は、
自分一人で選んだ薬よりも効果が高そうです。

自分の事を良く知っている友達からのアドバイスに従えば、
その商品を買った時に、高確率で満足できそうですよね。

 

また、「他の何か」を参考にして判断をするとき、
もう一つ大きなメリットが得られます。

それが、

「時間的・肉体的・精神的なコストを節約することができる」

という事です。

 

たとえば、新宿で食事をするときに、
「新宿で、一番おいしいパスタが食べたい」と考えて、自
分でお店を調べるものとします。

この時、雑誌やホームページを見ていちいち確認したり、
お店に直接電話をかけたりして、
多くの情報を収集し検討しなければいけません。

また、考慮するべき事項は、
駅からの距離、料金、営業時間、定休日、平均待ち時間、料理の種類など、
非常にたくさんあります。

しかも、これだけちゃんと調べても、
肝心の料理の味(美味しいかどうか)に関しては、
自分が実際に行って食べた事がある場合を除いて、
何の情報も得られていないのです。

これは、はっきり言ってすごく面倒です。疲れます。時間もかかります。

ですから、エジソンが、
人間は、考えるという真の労働を回避するためならば、どんな努力でもする」という事を言いましたが、人間はまさにその通りのことをします。

疲れることは嫌いだけれども、ある程度の満足は得たいので、
「最小限のコストで、一定水準以上の満足が得られる方法」を使って、
自分の選択のコストをカットしているのです。

これが、人々が意思決定において、
無意識に影響力の武器(※)を利用する、最大の理由となります。

 

※「影響力の武器」というのは、書籍のタイトルです。
数十年以上前に出版されましたが、
今現在も、社会心理学の名著として世界中で読まれています。

この本の中では、人間が意思決定において、
無意識にどうしても参考にしてしまう6つの判断基準が紹介されており、
これを「影響力の武器」と呼んでいます。

 

現代という時代について

現代という時代は、その影響力の武器が、
特に影響力を持ちやすい時代となっています。

 

つまり、

・インターネットの情報は、わずか数年間で倍になっている

・需要に比べて、供給量や商品数が多すぎ、プロダクトサイクルがどんどん短くなっている。つまり、商品の比較検討にかかる時間が非常に多い上に、すぐにデータが古くなってしまう。

というように、考慮するべき情報が爆発的に増えている上に、
どんどん複雑化している時代なのです。

先ほど、「人間は、疲れる事が嫌いな怠惰な存在である
といった書き方をしましたが、
勤勉だったとしても判断できないくらいの情報量になっている訳です。

つまり、現代という時代においては、
「個人の認知レベルでは、どんなに頑張っても最適な答えが見つけられない」
のです。

また別の言い方をすれば、
「情報が多すぎて、逆にどの情報も参考に出来ない」とも言えます。

では、頑張って考えても、最適な答えが非常に見つけにくい時代においては、
人間はどのように反応するでしょうか?

 

一つは、「思考停止に陥る」という反応です。
全てを考慮するのは無理だと判断して、考えるのをやめてしまいます。

ある実験では、スーパーにジャムを6種類しか置かなかった場合の方が、
24種類のジャムを置いた場合よりも、
何倍も売り上げが高かったそうです。

つまり、24種類のジャムというのは、
考慮するべき選択肢としては多すぎたようなのです。

選択肢が多すぎると、考慮するべき事が多すぎて「思考停止」に陥り、
購買という行動から逃げてしまうのです。

 

もう一つが、「影響力の武器をどんどん使うようになる」という反応です。

つまり、口コミ、権威者の声、友達や知り合いの意見といった情報を、
より信用するようになるという事
です。

SNSが進展してきている事や、
2005年以降に口コミが爆発的に伸びてきているといった事実は、
これを裏付けていると言えますよね。

自分一人では、なかなか合理的な判断を下す事が出来ないので、
「影響力の武器」を利用して、最小限の努力で、
ある程度満足のいく答えを求めるようになるのです。

 

 

影響力の武器とアフィリエイト

では、こういった情報過多で複雑な時代において、
どういう戦略を取ると、サイトアフィリエイターとして
成果を上げられるのでしょうか?

答えは簡単です。

顧客が思考停止に陥らないように、
口コミ、権威者の声、といった情報を豊富に提供してあげればいいのです。

 

また、他にも、以下の2つの事が考えられます。

一つは、「しっかりと情報の取捨選別して提供する」という事です。

ランキングサイトであれ何であれ、紹介する商品は絞り、
見込み顧客に「面倒くさい」と思わせない事が重要です。

また、商品数を絞らない場合でも、
しっかりと「おススメはこれです!なぜなら~」と、
特定の商品を売り込むという事が重要です。

全てを横並びで紹介すると、
見込顧客が自分自身で最適な商品を考えなければならず、
思考停止を招く結果となります。

前述のように、ただでさえ情報量の多い時代です。

ですから、あなたがしっかりと情報をキュレーション(選別)して、
絞った情報を相手に伝えるようにしましょう。

 

もう一つが、
情報の取捨選別をしている人間は、その分野の権威であると思わせる
という事です。

単純な話ですが、
「商品知識が豊富でない(=専門家でない)相手からは買いたくない」
はずです。

私は育毛シャンプーのサイトを運営していますが、
権威であると思わせることができなければ、

「こいつ育毛シャンプーに詳しくないな。」
「ただ、自分に売り込もうとしているだけなんだな」
「どうせ、報酬の額に応じて、紹介する商品を決めているのだろう」

などと思われてしまいます。

ですからプロフィール、記事の内容、画像や実績などあらゆる手段を使って、「専門家である」という事をアピールするのです。

 

たとえば、当サイトにおいては、
「マーケティングや心理学のプロ」という印象を持ってもらうために、
主に記事の内容を通して権威を見せています。

実際に、「ゆるすけは、専門家だ!」と思っていただけているかは
定かではありませんが、少なくとも私は、
そう思っていただけるように記事を書いています。

 

そして、権威性を示すことによって、
「おすすめする商品」に信用性が出てきます。

あの人が言っているのだから、それに従えば、
満足のいく結果が得られるだろう
」と思わせることができるのです。

これは、お医者さんがおススメしている薬が信用されるのと、
全く同じ原理ですね。

情報過多で複雑性の高まっている時代においては、
信頼できる専門家というのは、更に求められるようになるはずですし、
そういった専門家の意見には従いたい、と思うはずです。

ですから、「情報の取捨選別をしている人間は、
その分野の権威であると思わせる
」という事は、非常に重要なのです。

 

まとめ

・人間は、「最小限の努力で、一定水準以上の満足が得られそうな方法」をしばしば利用して、意思決定を行う。

・特に、現代のような情報過多で複雑な時代においては、そういった「影響力の武器」は特に利用されやすい。

 

今回は、やや抽象的な内容ですし、
直接的にはアフィリエイトには関係のない内容です。

ただ、

・なぜ、意思決定において、自分以外の情報を判断基準とするのか?
・現代とは、一体どういう時代なのか?
なぜ現代になって、口コミやソーシャルが強い影響力を持つようになったか?
・アフィリエイターとして、どういった情報提供が求められているのか?

を捉えることによって、
サイトでどんな情報を提供すれば信用してもらう事ができ、
成約につなげていけるかを、体得することが可能となります。

ぜひとも、この記事を何度も読んで、理解してほしいです。