見込顧客に対して、「自分はあなたの悩みやニーズをちゃんと理解していますよ」という事を示すことによって、商品の成約率は驚くほどアップします。では、どのようにすれば、見込顧客の心に引っかかる「フック」を見つけることができるようになるでしょうか?

 

そのターゲットを深く理解している必要がある

これは、当然と言われてしまうかもしれませんが、大前提です。ターゲットの悩みを理解していない限り、「同じ言葉」を使用することはできないのです。では、それを理解するためにはどうしたらよいでしょうか?

1ターゲットに直接聞く

最も単純ですが、最も効果のあるマーケティング手段です。ダイエットについての悩みを理解するためには、ダイエットについて悩んでいる人とたくさん話し、どういった所でつまずいているのか、何に悩んでいるのか、それでもダイエットを実践する理由は何かなど、直接話すことによって、得られるものは非常に大きいです。

それと同時に、ターゲットとしている人が使用するキーワードやフレーズというのが、何となく分かってきます。

 

2悩み系サイトを見る

インターネットというのは、基本的に個人情報を明かさず、匿名でやり取りをします。ですので、人にはなかなか話せない悩みでも、インターネットの掲示板になら気楽に書くことができるという方が非常に多くいらっしゃいます。

インターネット上でダイエット商材、育毛グッズ、精力剤などが売れやすいのも、そういった匿名性から来ています。ですから、「yahoo知恵袋」「goo」といったサイトを用いて、ターゲットの悩みを理解することは非常に有効です。

 

3レビューを見る

楽天やアマゾンの商品レビューを見ると、その人がどうしてその商品を購入するに至ったかという理由が、詳しく記載されていることも多いので、非常に参考になります。

こうして集めたキーワードや、代表的な悩みの例などを、適当に文章中に配置するだけでも、潜在顧客の共感や信頼感を得られる可能性は、非常に高くなります。