Keywords Blue Marker

アドセンスアフィリエイト、物販アフィリエイトを実践していくに当たって、最も重要な課題の一つが「キーワード選定」です。

検索ニーズの高いキーワードを選定方法だけでなく、ライバルサイトを出し抜き、より多くのアクセスを収集する方法を公開します。

キーワード選定の必要性

Child magician

サイト訪問者は、検索エンジンでキーワードを入力し、自分の欲している情報が掲載されているであろうサイトを探します。つまり、2語・3語の検索キーワードには、その人の願望・悩み・好奇心などが凝縮されており、そのキーワードを介してニーズを満たそうとするのです。

言い換えるならば、サイトのターゲットのニーズを汲み取り、「彼らならば、どういった検索キーワードを入力するだろうか?」を真剣に考えることが、アクセスアップやリピート率の増加につながるのです。

キーワードを制するものは、ウェブマーケティングを制するのです。

では、ターゲットが潜在的に持っているであろうニーズを理解し、タイトルや記事内にキーワードを散りばめる為には、どういったリサーチを行えば良いのでしょうか?

今回は、キーワード選定の為のヒントを4つ紹介したいと思います。

1.グーグルサジェスト

WS000369

グーグルサジェストというのは、検索エンジンにキーワードを入力した時に、関連キーワードを自動的に表示させる機能の事です。皆さんも何度か利用したことがあると思いますが、頻繁に検索される2語・3語の関連キーワードを表示し、私たちの検索の補助をしてくれるのです。

逆に言えば、グーグルサジェストで表示されるキーワードというのは、ある程度検索需要があるからこそ、検索者に表示されます。

という事は、サジェストで表示されるキーワードを全て集めることが出来れば、「あるテーマに対して、どういう内容の検索需要があるのか」を把握することが出来るのです。

WS000372

グーグルサジェストを使って、キーワード収集を行う方法は、極めてシンプルかつ地味です。「アドセンス ×××」の×××のキーワードを収集するために、A〜Zまで入力していくだけです。

例えば、上の写真の例では「アドセンス z」と入力し、どのようなキーワードが予測表示されるのかをチェックしました。すると、「自分で、アドセンス広告をクリックした場合にどうなるのか?」「アドセンス報酬に対して、税金はかかるのか?また、税務署からの調査は入るのか?」といった事を気にしている人が多い事が分かります。

また更にリサーチを進め、「アドセンス ざ」「アドセンス じ」「アドセンス ず」「アドセンス ぜ」「アドセンス ぞ」のように、細分化してリサーチしていくと更にベターですね。

こうした地道な調査で集めたキーワードは、メモ帳などにまとめておきましょう。どういった方向性でサイトを作成していくべきかなど、コンセプト策定にも大きく役立つはずです。

WS000373

ちなみに、アドセンスというキーワードと一緒に検索されるキーワードはこれだけあります。膨大ですね汗

これだけ調べていくと、「アドセンスと検索した人は、どんな事に興味を持ち、どんな事に悩んでいるのか」という事がなんとなく見えてきたり、記事ネタに詰まった時にヒントを与えてくれます。

また、検索して1位表示されたサイトをチェックしながら、「なぜこのサイトが1位表示されているのか」という事も一緒に考えながら検索しています。

1位になっているという事は、やはりその記事に対する読者評価が高いからなのであって、文章構成や写真の使い方など、参考にするべき点が必ず存在しています。グーグルサジェストを利用しながら、その辺りもチェックできれば、パーフェクトですね。

2.Q&Aサイト(ヤフー知恵袋、OKwave等)

WS000370

既にご存じだとは思いますが、yahoo知恵袋やOKwaveというのは、ネットで公開されているQ&Aサイトの事です。yahoo知恵袋などは、運営から既に10年以上経過しており、膨大な数の質問と回答が投稿されています。

匿名(IDのみの公開)での投稿ということもあって、ネットで検索すればすぐに分かるような基本的な質問に始まって、性に関する赤裸々な質問や普段人には聞けないようなことまで、何でも投稿されているのです。

そして、あるテーマに対して、多くの質問が投稿されているという事は、それだけニーズが高く、多くの人が関心を寄せているテーマである、という事が分かりますよね。つまり、Q&Aサイトというのは「ニーズの宝庫」であり、それらの悩み・願望に答えるような記事には需要があるのです。

また、特定のニーズを持った人々が頻繁に使う「キーワード」が、必ず存在するはずです。

例えば、「薄毛」という悩みを持っている方は、「風」「雨」「海」「汗」といったキーワードを使う事が結構あります。これは、風や湿気などで前髪が残念な感じになってしまったり、薄毛である事がより強調されるようなシーンを恐れているという事に関係しているのです。

このように、ターゲットにしばしば利用されるキーワードをメモしておき、サイト内に散りばめることで、「このサイトは、よく分かっているなあ。」と思ってもらえるようになるのです。

3.雑誌、週刊誌、書籍

Digital Online Marketing Commerce Sale Concept

雑誌というのは、職業としてライターや編集をしている人たちが、マーケティングをがっつりやった上で発行しています。当然、見込み顧客の反応しそうなキーワード・テーマに関してもリサーチ済みであり、ターゲットの心に刺さるようなワードを記事内に散りばめているはずです。

関連する雑誌や書籍を読み込めば、見込み顧客の抱えている問題・悩み・ニーズが浮き彫りになってきますから、積極的に購入しましょう。

ちなみに、彼らはマーケティングを専門に行っているだけでなく、当然物書きのプロでもあるので、「どういう記事構成が、人を惹きつけるのか?」といった事を勉強する上でも、非常に役立つと思います。

作成しているサイトのテーマにもよりますが、私の場合だとそのテーマに関する雑誌を一通り購入します。現在ですと、カメラ関係のサイトの立ち上げを検討しているのですが、8冊ほど雑誌が発売されているようなので、全て購入してみて、その上でサイトテーマを決めたり、キーワードをメモしたりしています。

少しお金がかかってしまうかもしれませんが、勉強だと思って大人買いしてみてはいかがでしょうか。ちなみに私の場合だと、新しいジャンルで物販サイトやアドセンスサイトを作成するとなれば、サイト規模にもよりますが、10冊以上の書籍を買って勉強します。

 

4.ウェブリオ(weblio)

WS000371

http://thesaurus.weblio.jp/

上記の1~3の方法で集めたキーワードでサイトを作れば、ターゲットの心に刺さるクオリティの高いサイトになるはずです。実際にニーズがあると分かっているコンテンツを提供するのですから、当然ですよね。

でも、更に多くのワードでロングテールアクセスを拾い、競合サイトと差別化を図るための方法があります。

それが、「言い換えワードや類語、あるキーワードと一緒に使われやすいキーワードをサイトに散りばめること」です。「ウェブリオ(weblio)」といった無料サービスを駆使して、1~3で集めたキーワードの類語を集めまくるのです。

WS000374

(ウェブリオの利用例。キーワードの幅が広がります。)

例えば、「簿記 勉強法」というキーワードに対しては、「簿記 学習法」「簿記 独学」「簿記 自習」といったような表現を拾ってくることが出来ます。

多くのキーワードをサイトに 散りばめることは、サイトへの検索ルートの裾野を広げることにもなりますし、他サイトのSEOが不十分な領域で上位表示させやすくなるので、非常に重要な戦略なのです。

最後に

Fotolia_53256125_XS

4つのキーワード選定術は、いかがでしたでしょうか。まあ、最初からすべての方法を実践し、キーワード収集を行うというのは、なかなかハードだと思います。また、結構骨の折れる作業でもあります。

ただ、キーワード選定という作業は、あなたのサイトへのアクセスという形で必ず報われます。また、ターゲットがどういう言葉で検索するのか、それらのキーワードと一緒に用いられるキーワードや表現はあるのか、といった事を真剣に考えることによって、記事のクオリティ自体が向上してきます。

面倒な作業かも知れませんが、少しずつ実践してみて下さいね。