Fotolia_45149947_XS_thumb.jpg

こんにちは^^

 

最近自分自身に対して、

大きな危機感を感じている、ゆるすけです。

 

 

危機です。ピンチです。

 

それは、

「結果に対するこだわりのなさ」

です。

 

今となっては、何もしなくても月10~20万くらいは稼げてしまっているので、

サラリーマンとしての収入と合わせると、お金には全く困っていない訳です。

 

また、そもそも、お金をあまり使わないタイプなので、

余裕資金が勝手に増えていってしまうのです。

 

 

ですから、

「ネットビジネスで稼げないと、生活できない!!」

といったような切迫感がないので、

 

無理して物販サイトを新たに作成したりする必要がないのです。

 

 

別に、頑張ってないわけじゃあないんですよ(必死)。

 

相変わらず、本を読み漁ったり、

ベンチャー企業に就職している友達と新規ビジネスの話とかしたり・・・

 

立ち止まっている訳では、決してありません。

 

ネットビジネスの事を考えない日なんて、まずありえませんし、

やはり、私の心の真ん中にはネットビジネスがあります。

 

 

サラリーマンとして働いている平日は、

ネットビジネスをやるための時間を少しでも捻出するために、

眠くても夜2時くらいまでは、記事を書いたりしています。

 

寝たいって思う事も少なくないですけど、

やっぱりネットビジネスが好きだし、もっと進化したいので、

4時間半睡眠で頑張っているのです!

 

そうです。結構、努力家なんです笑

 

 

でも、それだけ頑張っている割には、アウトプットが以上に少ない。

 

1日1記事書くといった具体的な結果を出さずに、

その直前でやめてしまうことが非常に多いのです。

 

 

例えば、このサイト。

そうです、この早大生ゆるすけのブログです。

 

最近、めっきり更新回数が減りました。

先月なんて、結局1記事しか更新しませんでした。

 

 

外から見ると、ネットビジネスの活動を

やめてしまったように見えるかもしれませんね。

 

でも実は、中途半端なの書いた記事の数は、

以前と変わらない水準で存在しています。

 

私は、エバーノートに記事を書いているんですが、

ノートの数だけは、月100ページくらいずつ増えています。

 

半分書いた記事とか、あと少し修正を加えれば完成、という記事がたくさんのです。

ちょっと頑張れば、人に見せられる作品が作れるのに、作らないのです。

 

 

 

また、今作っている心理学講座もそうです。

 

コンセプト、企画の進め方とかも大体決まっているのに、放置しています。

 

後ちょっと頑張れば、価値を提供できるし、

お金だって稼げるかもしれないのに、

放置してしまっているのです。

 

もし期待してくれていた方がいたとすれば、本当に申し訳ないです。

 

 

 

もちろん、結果が全てではありません。

 

プロセスや内容も重要だし、運が大きく作用するケースも少なくないでしょう。

 

これは、言うまでもないことです。

 

 

結果を求めすぎると一番大事を犠牲にしてしまったり、

短期的な利益にばかり目がくらんでしまったりします。

 

 

アナログで、牧歌的で、暖かみのある人間らしさを失って、

人としては魅力にともしい人間になりかねません。

 

 

 

しかし、、、

 

結果を求めないということも、同じように問題です。

いや、それ以上に問題です。大問題です。

 

 

第一に、自分や他人に対する言い訳がしやすいです。

 

簡単に逃げられるんですよね。

 

結果が出ていなくても、

「いや、俺は結果が全てではないと思ってるから、完成させなくてもいいんだよ。」

とか言う事が出来てしまいます。

 

 

第二に、結果を求めないと、外圧が非常に少ないです。

 

アウトプットを出して提示しない限り、

他人の評価を受けることはないのですからね。

 

評価されることもありませんが、批判されることもないのです。

 

 

 

創った作品は、相手の目にはどのように映り、どのような評価を下したのか?

 

作品を完成させないと、その評価を受けることができません。。

 

つまり、他人の目に晒されないので、ずっと自己満です。

 

自分が全力で作ったもの・サービスが、

他人には評価されないことだってあるし、

世間に認められなかったら、精神的にかなり辛いです。

 

 

私も、2ヶ月間ほぼ休むことなく、

毎日12時間以上かけて200ページ超のサイトを作ったのに、

売上がたった3000円だったときは、本当に絶望しました。

 

友達と遊んだり、旅行に行ったりするのも断り、

彼女にも白い目で見られながら頑張ったのに、

結果にはつながりませんでした。

 

 

大学4年生の10~11月という、貴重な貴重なモラトリアムを、

全部台無しにしたような気がしました。

 

自分の存在価値を、全否定された気がしました。

 

だったら、そんな辛い思いをするよりは、

結果を求めずに適当に頑張るという生き方をしたくなるのも、

分からなくはないのです。

 

誰だって、否定されることは嫌です。

 

 

 

 

でも、、、

 

進化とか成長には、

「アウトプットを相手に提示して、良い評価も悪い評価も受け止める」

というプロセスが、絶対的に不可欠です。

 

 

全力を出す

→何らかのアウトプットを出す

→また、全力を出す

→何らかのアウトプットを出す

というプロセスにこそ、進化の可能性があります。

 

 

より良いアウトプットを出そうと、全力でもがくことによって、

少しずつ限界の上限が上がっていくのです。

 

また、頑張ったことが報われて成功した時の感動は、

アウトプットにこだわって全力を出した人にしか、感じることは出来ないです。

 

 

逆に言えば、中途半端なものを作って成功しても、

中途半端な達成感しか得られません。

 

 

だから、「あ、今成長している!!」なんてことは、

まず実感できるものではありませんが、

 

ある時点で振り返ってみた時に、

未来の自分は過去の自分よりも成長しているということを信じて、

今を頑張るしかないんだと思います。

 

中途半端に終わらせて逃げるのではなく、

しっかり形を残して、その度に成長して行くべきなんです。

 

 

以前は全力で結果を追求するということ、

アウトプットにこだわるということが出来ていたのに、

今はちょっと弛んでしまっています。

 

ちょっともう一回、ねじを巻いていこうと思います。

 

「爆速」で頑張ります!!