Image23年間生きてきた中で、今回の出来事が一番ピンチだったかもしれません。

ある意味、前十字靭帯を切って全治1年のけがをした時よりも、大変でした。

こんにちは、ゆるすけです。

突然ですが、昨日家のトイレが詰まりました。

別に何かを流したわけでもないのに、
全く流れなくなってしまったのです。

さっきなんとか、解決したんですけど、
いやー、本当に大変でした汗

今回は、終始そんなどうでもいい話です笑
読んでも稼げるようにはなりませんので、ご了承ください。。

 

普通って、水が詰まった時は、
少しずつ水位が下がりますよね。

でも、全く水位が変わらなくなってしまったのです。
便器の中が、汚水でいっぱいになってしまったのです。

 

しかもなぜか、、、
お風呂の排水溝も同時に詰まってしまいました笑

まぁ、それに気づいたのはシャワーを浴びている時だったので、
足元で水がちゃぷちゃぷし始めてから気づいたんです。

ただ、この時点では、どういう訳か私は楽観的で、
「詰まっていたとしても、どうせ少しずつ水は減るだろう」なんて、
高をくくってシャワーを浴び続けていました。

 

しかし、どうも様子がおかしい・・・

 

シャワーを止めてシャンプーをしていても、
一向に水位が下がらなかったのです。

3分くらい水を出さずに、髪をわしゃわしゃ洗っていたのに、
水位には一切変化がなかったのです。

 

変わらぬ水位、下がるテンション、高まる不安。

 

この時に私は、はたと気付きました。
「ああ、これってやばいんだ。」と。

 

とはいえ、次の日に仕事もありますし、早く寝ないといけません。

という訳で、最小限水だけを使って水位を低い状態でキープしつつ、
シャンプーの泡をすすぎ、そそくさと風呂場を出ました。

 

風呂場は、一面真っ白の泡だらけ。
水が詰まっているんだから、当然です。

この時、水位はお風呂のドアの高さと、ほぼ一緒。

「水位が下がっていますように」という
一縷の望みを抱きながら、就寝しました。

というか、寝て忘れるしかありませんでした。

 

そして、翌朝。

トイレと風呂場を見て、愕然とします。

なんと、、、
昨日の現場が、完全な状態で保存されていました笑

トイレもお風呂も、元のままです。
むしろ、ちょっと水位が上がっているような・・・

「これは、やばい。」という感覚が、
更に鋭くなってきました。

 

同時に、最悪のストーリーも一瞬、頭をよぎります。

「ん、待てよ??
これって、なんかの原因で水位が上がったら、
部屋が下水まみれになるんじゃないか??」

 

部屋のフローリングが水浸しになって、
カーペットはぐちょぐちょ。

本もぐちょぐちょ。

畳んだ洋服もぐちょぐちょ。

しかも、死ぬほど臭い。

 

部屋の片づけに時間が取られるだけでなく、
部屋にあるものは全て使用不可となり、

その上で水道管修理業者にお金を取られるというシナリオが、
にわかに現実味を帯びてきたのです。

あ゛あ゛あ゛ー、住む家がなくなる!!!!!!!

 

しかも、困った挙げ句に父親に相談したところ、

「浸水とかして一階の人に被害を与えたら、
損害賠償請求とかあるかもな。」

という、更なる追い打ち発言が・・・。

 

しかし、困り果てながらも、時間的に仕事に行かざるを得ません。

私は、重い足取りで自宅を後にしました。

 

結局、仕事中も頭の片隅で、
汚水で浸水した部屋のことを考えながら、過ごしていたのでした。

いやー、全く仕事に集中できん。。。

 

ただしかし、一つだけ試してみたい事がありました。

あれさえ買えば、なんとかなるかもしれない。
そう思ったのです。

 

まぁお気づきだと思いますが、あれというのは、
「ラバーカップ」のことです。(トイレに、ずぼってやるやつです。)

 

トイレのトラブルに関して、大体のことは、
ラバーカップがあれば何とかなりますので、
試してみたかったのです。

 

ただ、トイレと風呂場が同時に詰まったケースで
果たして効果があるのかは、正直全く分かりません。

 

きっと、トイレと風呂場の水道管は、
ずっと奥の方でつながっているはずです。

こんなケースでも、
ラバーカップが効果を発揮できるのかは、全く分かりませんでした。

そもそも、何が詰まっているのかも見当がつきませんでした。

 

・はたして、ラバーカップを買って帰るのが先か?

・それとも、汚水で浸水するのが先か?

・はたまた、問題は解決せずに延長戦に突入するのか?

ああ、早く家に帰りてー。

そんなことを考えながら、
仕事をこなしていきました。

 

----------------------ー

そして、やっとの思いで帰宅。

 

まずは、玄関の前に来て安堵しました。

ああ、ドアから水は漏れていない。
まだ自宅は大丈夫だ、良かった。一安心だ。

 

でも、ドアを開けると、もわっと悪臭が・・・

やはり、水道管の調子はよろしくなく、
一刻を争う事態のようです。

そこで、急いで近くの薬局に駆け込み、
ラバーカップを購入してきました。

キャンドゥのやつは、あまり評判がよくないので、
1000円位のちゃんとした商品をチョイスしました。

 

そして早速、トイレでトライ。

一回目。ごぼっとはいうものの反応なし。
二回目。同じく、ごぼっとはいうものの反応なし。

まじかよと思いつつも、ラバーカップに頼るしかない俺。

そこで、もはや筋トレのようにラバーカップを連押し。

勢いよく押したり引いたりしていたので、
汚水が足手や服にかかりました。

しかし、汚いと思いつつも、
やはりラバーカップに頼るしかない俺。

10回、100回と連プッシュしました。

すると突然、「ごぼっ」が「がばっ」に変わりました。

 

きっと、実際に経験した人でないと、伝わらないでしょう。
素人さんには、分からない変化です。

 

でも、ラバーカップ歴10分の私の耳は、
確かにそれまでとは違う音を認識しました。

 

このチャンスは逃せない。

 

直感的にそう確信して、連プッシュを繰り返しました。

汚水なんて、なんのその。
びちゃびちゃかかりながらも、続けました。

 

すると、、、
ついに水位がみるみる下がっていくではありませんか!!

そして、そのまま風呂場に向かってみると、
こちらも水位が下がっているではありませんか!!

 

ついに私は、トイレとお風呂を取り戻したのです!!

部屋は、多少下水の臭いが充満していて臭いものの、
汚水による床上浸水の恐怖から、脱することができたのです!

いやー、本当に大変な2日間でした。

というか、原因はなんだったんだろう笑
まあ、直ったんだし、いっか。

長々とくだらない話にお付き合いいだたき、
ありがとうございました<(_ _)>