Young businessman touching web browser address bar with www sign

ネットビジネスを始めるに当たって、無料ブログを利用するべきかレンタルサーバーを借りて独自ドメインで運営するべきかというのは、悩みどころの一つです。

アフィリエイト歴4年を経過した私が、過去を振り返りつつ書いていきたいと思います。

 

無料ブログでアドセンスサイトを作っても良い?

Fotolia_55908609_XS

無料ブログを利用して、アドセンスアフィリも物販アフィリも行ってきましたし、一番最初に作ったサイト(ブログ?)はFC2のサービスを利用してしていました。

そんな私ですが、過去を振り返って見て思うのは、「無料ブログって、アフィリエイトには利用するべきではないな」という事です。

特に、私を含めてサイト作成を「資産構築の一環」と捉えているような人にとっては、全くおすすめしません。無料ブログで作ったサイトというのは、数ヶ月程度であれば収益を上げてくれるかもしれませんが、数年・数十年という単位で稼ぎ続けてくれるような「資産」にはなりにくいのです。

では、具体的には、無料ブログのどんなところに懸念を感じているのか??5つの切り口に分けて考えてみました。

1.無料ブログは、削除されるリスクが大きい

Stressed businessman

まず第一に、何といってもこれです。

当然ですが、無料ブログというのは、企業が運営しているサービスの一つに過ぎません。つまり、ブログ運営のルールは運営者の一存で決められるわけで、ルールにそぐわない場合には問答無用で削除されます。

例えば最も大きなブログ削除事件で言えば、かの有名な与沢翼さんの一件ですね。当時は、アメブロは多少の商業利用は可能だったわけですが、運営サイドが彼のアメブロを突如削除したのでした。月800万円以上を稼いでいたモンスター級のブログだったようですが、跡形もなく消されてしまい、アフィリエイト業界には大きなインパクトを与えたのでした。

ちなみに、ブログを削除されないようにするための対策としては、ブログポリシー(そのブログサービスのルール)を守っているだけでは不十分です。なぜなら、そのルールというのは頻繁に変更されてしまうからです。

アドセンスや楽天などの広告を一切認めない、ブログは1日1つしか作れないなど、アフィリエイトを行っている私たちにとって、致命的なルール変更も頻繁に見られています。特に、この数年間は変動が激しく、seesaaブログ、FC2ブログといったアフィリエイター御用達のサービスが、相次いでネットビジネスを規制する方向でルール改正をしました。

気づかないうちにブログポリシーが改正され、いつの間にか無料ブログが削除される可能性あるわけですから、無料ブログの利用は結構リスクが高いと言えるでしょう。

 

2.ブログサービス自体が、なくなってしまうリスクがある

young businessman too weary to asleep on the desk

「あなたが作成した無料ブログが、突如削除されてしまう」という危険性にとどまらず、「ブログサービス自体がなくなってしまう」というリスクもあります。

実際、忍者ブログというサービスが数年前に突然廃止されましたが、商業利用できる数少ないブログサービスの一つだったので、衝撃を受けた人は少なくありませんでした。私自身も、10サイトくらいお亡くなりになってしまい、「もう無料ブログはやめよう」と思ったきっかけとなりました。

ちなみに、ブログサービスというのは、snsの普及に伴い急速にサービス離れが進んでいます。facebookやtwitterといったSNSで日記的な文章を書く人の方が圧倒的に増えており、サービスとして勢いがあるのはどう考えてもSNS系サービスです。

そう考えると、運営企業がブログサービスに見切りをつけ撤退してしまう可能性というのは、年々高まっているといって間違いなく、今後もこのリスクは看過することが出来ないと思います。

 

3.中長期的に見て、seoに弱い

Business man with pc monitor on his head and error messages on the display

無料ブログは、インデックス化されやすいというメリットはあり、記事を書いたら数時間後には検索で出てくるようになります。特に、so-netブログのインデックススピードは非常に早く、最短30分くらいでインデックス化されます(htmlサイトだともっと時間がかかる事が多い)。

ですので、サイト作成当初からアクセスを集めやすく、トレンドアフィリや量産型物販アフィリ等に使われるケースが多いです。

しかし、更新をやめた途端にSEO的な評価が下がる傾向にあり、検索順位を大きく落としていくケースが散見されます。更新がなくなると、SEO的な評価が下がる傾向があるのは独自ドメインの場合でも一緒ですが、無料ブログの場合は、その低下スピードが独自ドメインの比ではないのです。

つまり、無料ブログは「熱しやすく、冷めやすい」のです。この点からも、収益を上げ続ける資産を構築するという目的とは、無料ブログは合致しないことが分かると思います。

 

4.サイトとしての信用度が低くなる

fingers pointing at man

無料ブログを利用して運営しているサイトというのは、その記事の内容が信用されにくい傾向があります。

  • ドメイン名に、ブログサービスの名前が入っている(http://~.fc2.comなど)
  • 広告が頻繁に表示される
  • サイトテンプレートが、どことなく安っぽい
  • サイトテンプレートに、不要なリンクが多く表示されている
  • プロフィールに掲載されるアバターが、無料ブログっぽさを高める

様々な要因によって、サイトから「無料ブログっぽさ」をぬぐい去ることができず、どんなに良い記事を書いていたとしても、「専門サイト」としての権威性が下がってしまうのです。

WS000244

上の写真は、私がアフィリエイトを始めた頃に作成したブログです。今回久しぶりに、アクセスしてみました笑

「kaeten」という有料のブログテンプレートを使用しているため、一応見た目はそれなりかと思いますが、やはりどこか無料ブログっぽさが残っていますね。

また、下に育毛剤の広告が出ていますが、毎回こういった広告が出るのは、目障りであると言わざるを得ず、サイトコンテンツを集中して見ることが出来ません。これでは、専門サイトとしての信用性に悪影響を与えてしまいますね。

 

5.広告のクリック率が低い

Busy woman is tired her workload

4で紹介した写真にもあるように、無料ブログには不要なリンクや広告が非常に多いですし、長期間更新をせずに放置すると、サイトの中央に勝手に広告が出現するようになります(無料サービスですので、ある意味しょうがないことですが・・・)。

つまり、他の広告や不要なリンクの存在によってアドセンス広告が埋もれやすくなってしまい、アドセンス広告のクリック率は必然的に低下してしまいます。サイト訪問者の注意が、アドセンス広告以外にも及び、広く散漫になってしまうのです。

ちなみに、あくまでも私の場合ですが、無料ブログでサイトを作成した時のアドセンス広告のクリック率は、独自ドメインサイトの5分の1以下でした。

 

まとめ

In Search of Inner Geometry

無料ブログというのは、サイト開設当初からアクセスを集めやすいという傾向はあるものの、中長期的に稼ぎ続けてくれるような資産とはなりにくいです。

もし、当サイトで推奨しているような資産サイトを構築していきたいと考えるのであれば、初期投資は多少は掛かるかもしれませんが、独自ドメインでのサイト運営をおすすめします。