物販アフィリエイトなどでプログラムを選定する際、注意すべき点がいくつかありますよね。

でもこの時に、見落としてはいけない視点があります。それは、よく考えれば当然なのことなのですが、この作業を怠った場合、場合によっては50%近い機会損失が生じるのではないかと思います。

では、そのコツとは一体なんなのでしょうか?

商品購入ページでチェックすべき3つのポイント

1.商品購入ページがわかりやすいか

最近は減ってきていますが、「アフィリエイトリンクから商品購入ページに行ったのに、どこから申し込めばいいのか分からなかった」なんていう事があります。

「購入ボタンの場所がわからないから、いいや。」と、見込み客に思わせてしまうようなプログラムは避けるべきでしょう。

せっかく、購入する気でリンクから飛んでもらったにもかかわらず、ここで訪問者を逃してはもったいないです。商品を購入しないまでも、その直前まではしっかりと調査しましょう。

 

2.記入事項が少ないか

これは、「無料資料請求」とかではかなり重要になるポントです。必要事項を記入するだけで、5分もかかるのは結構萎えます。

アフィリエイターだと、何かと登録などをする機会があるので、スムーズに必要記入事項を埋めていくことができるかもしれませんが、一般の方は入力に慣れていないでしょう。ですので、「自分がかかった時間」×1.5くらいは一般の訪問者の方はかかります。

できる限り、記入に時間のかかるアフィリエイト広告は避けるべきです。どうしても、そういうアフィリエイト広告を紹介する場合でも、

「記入には5分くらいかかります。少し大変ですけど、ここを乗り切れば終わりなので頑張ってください。」

みたいなコメントを入れておくのがいいと思います。

 

3.様々な機器・ブラウザで見てみる

これを実践している人はかなり少ないと思いますが、非常に重要です。

スマートフォンを使っていらっしゃる方は分かると思いますが、PC向けに作られたサイトを見るのはかなり不便です。文字が小さいため拡大しないといけませんし、ボタンが小さいため誤クリックしがちです。

これが特に問題となるのが、女性をターゲットとした商品でアフィリエイトしている場合で、売上に非常に大きな影響を与える可能性があります。

というのは、スマートフォンで商品を購入する頻度・金額共に女性が多いからです。

スマートフォンからウェブサイトへの流入自体は、アクセス全体の30%位が相場なようです。しかし購買意欲の高い化粧品、美容グッズ、ダイエット商材等、悩み系の商品を求める女性スマホユーザーは非常に多いです。

それなのに、もし商品ページがスマホに対応していないページだった場合、購入をやめてしまうケースがある訳ですが、これが女性向けの商品だったら結構インパクトが大きいですよね。

ですので、あらかじめ商品のランディングページは入念にチェックしておきましょう。